May 5, 2009

アップルとグーグルは競合、役員兼務は不適?FTCが捜査開始:FTC Probe into Google and Apple


According to NYTimes, FTC has begun an inquiry into Apple and Google to see whether sharing two directors (Eric Schmidt and Arthur Levinson) amounts to a violation of Clayton Antitrust Act of 1914 that prohibits a person’s presence on the board of two or more rival companies, if it might reduce competition between them.

In February, there was this rumor (debunked?) that Google didn't use multitouch on G1 at Apple's request (though that decision seems to habe been made to avoid patent infringement lawsuit).

NYT notes that "Google has said Schmidt recuses himself when Apple’s board discusses mobile phones," but the areas in which Apple and Google compete now include mobile OS, browser, photo, mail, calender, addressbook, chat, etc.  That won't last long.

米連邦取引委員会(FTC)がグーグルとアップルの役員兼務が反トラスト法違反に当たるのではないかと見て調査に乗り出した。

役員を兼ねているのはエリック・シュミットGoogle CEOとArthur Levinsonジェネンティック元CEOの2人。NYタイムズによると競争を損うようなライバル企業の役員の二股行為は、米反トラスト法の1914年制定クレイトン法第8条「役員兼任(interlocking directorates)」規制で禁じられている。違法と分かった場合、一方の役員を辞めなきゃならないそうだ。

もちろん焦点はシュミットCEOだが、氏がアップルの取締役に就任したのは2006年8月。敵(マイクロソフト)の敵で仲良しをアピールしたが、2007年1月にはiPhoneが発売となり、同11月にグーグルもAndroid OS開発計画を発表、2008年10月にはAndroid初号機G1が発売され、競合分野が増えてきた。

G1は当初マルチタッチ対応だったのに途中でコードが外され、今年2月になって「あれはアップルがグーグルにマルチタッチ採用を見送るよう要請し、グーグルが従ったのだ」という話がAndroidチームの社員からVentureBeatにリークした(噂を否定する別の担当者の談話も流れたが)。

マルチタッチはアップルが特許を主張している(もっと昔からあるという説も)ので面倒を避けただけかもしれないけど、携帯以外にもアップルとグーグルの競合分野はブラウザ(Safari vs. Chrome)、写真(iPhoto vs. Picasa)、メール、アドレス帳、チャットなど結構多い。「シュミットCEOは、アップル取締役会が携帯電話のことを話し合う時は席をはずしている」とグーグルは説明してきたが、それも限界か?

[NYTimes via Apple 2.0]
photo (c) smh.com.au

0 comments:

Post a Comment