February 8, 2009

Obama HOPEポスターのアーティスト落書きで逮捕さる:Shepard Fairey Arrested Again, Also Accused of Plagiarism by AP


On the eve of Shepard Fairey's first major exhibition at ICA, AP accused L.A.-based street artist, Shepard Fairey, 38, for infringement of its photograph, and on Saturday he was arrested on two warrants after he tagged property in Boston with graffitti.  This was his 15th arrest in the last two decades.

Shepard has been open to admit Obama HOPE poster was based on the image he found on Google Image Search but failed to attribute it to its photographer, Mannie Garcia. Too bad it wasn't Reuter's Jim Young, but Mannie Garcia himself didn't reveal any anger.  Is this just a publicity stunt by AP?    If he could take videotapes like Andy Warhol did, he could have avoided such troubles.

 
 (c) Left: Mannie Garcia, AP / Right: Shepard Fairey, Obey Giant

上の動画のひとはオバマHOPEポスター(写真右)で有名になったLAのストリートアーティスト、シェパード・フェアリー(38)。

ボストン現代美術館(ICA)展示会のオープニングを前に「APからの依頼でマニー・ガルシア氏が撮影した写真を無断でHOPEに借用した」とAPに著作権侵害で訴えると脅され、土曜には会場に講演で向かう途中、無断で市内にポスターを貼って回った容疑でボストン警察に逮捕された(数時間後釈放)。グラフィティーで逮捕されたのは、これで15回目だ。

Obama HOPEポスターでは、「Googleイメージ検索で見つけた写真をベースにした」ことは最初からTIMEインタビューなどで公言していたんだけど、撮影者まで遡れなくてクレジット明記の一手間を怠っていた。

最初ウェブでは、「ロイターのジム・ヤング氏の写真を裏焼きで使った」という説が有力だったが、ジェイムズ・ダンジガー氏の記事に寄せられた読者からの情報で1月下旬、上の写真にソースが特定された。カメラマン本人もダンジガー氏から連絡があるまで全然気付かなかったと書いており、怒ってる感じはない。訴訟も逮捕も宣伝のうちか? 

アンディー・ウォーホールみたいに動画撮影もできたら、特定されづらいのにね。

UPDATE:  Fairey sued AP on Monday.  「写真使用はフェアユース」とアーティスト側がAPを月曜訴えた

Related:
Shepard Fairey, of Obama poster fame, arrested in Boston - BostonHerald.com
Obey Plagiarist Shepard Fairey ← 無断借用は過去にも結構ある。「パロディーは無断使用OK」という寛大な人もあるが、何にインスパイアされた作品かぐらいは解説で特記しないと。

1 comments:

Post a Comment