December 4, 2008

葉が染まるわけ:Why Autumn Leaves Make Beautiful Impressions



Why autumn leaves show unimaginably beautiful colors right before falling?  - I've been wondering since I was a little kid.   Maybe it's a promise. - The idea hit me while I was driving yesterday.  A sign that makes us impression strong enough to stay alive while they're bald.  That's the only explanation I can think of, for this magic...

どうして秋の葉は散り際、こんなにもきれいな紅に染まるのだろう?
子どもの頃から不思議でならなかった。

昨日運転しながらふと思ったのは、これは、約束なんじゃないか、ということ。 ちゃんと春には芽吹くから禿坊主になっても忘れぬようにと、それでこんな色とりどりに染まってる。

じゃなきゃ、この美しさは説明がつかないよね。

6 comments:

Yoshinori_K said...

きれいな紅葉ですね。
ウガンダに春夏秋冬はないらしく、乾季と雨季の繰り返しが、年に二回やってくるそうで、紅葉にはお目にかかれそうにないです。

葉っぱが赤くなる理由は忘れましたが、葉っぱが落ちるのは、植物の経営的な理由があるようですね。

satomi said...

>経営的理由
ですね。w

寒暖差そんなにないので五大湖周辺ほど見事じゃないですけど、それでも樹種によって、どうしちゃったの、という色になりますね。これは家の前ですけど、朝起きたらガーッと吹かれてました。風情も何もありゃしない。w

Nob said...

常緑樹は葉が落ちないような気がしてましたが、そんなわけはなくて、むしろ「一年中落ちて」いるをですよね。単に「揃っては落ちない」だけ。

その点落葉樹は潔いといおうか、冬眠する動物のようにスリープ状態に入ってしまうわけだ。

花や実が美しいのは、鳥や虫たちに対しての意味があるけど、紅葉は何なのでしょうね。

satomi said...

>花や実が美しいのは、鳥や虫たちに対しての意味
知らなかった!!! 

cavacavien said...

砂糖で煮たら...

最初、りんごの皮かと^^:

satomi said...

あ、そっか、「約束」じゃなくて「りんごの皮」。…ちょっとちょっと! ~(^Д^~)

Post a Comment