November 9, 2008

アーロンチェアもアーロン収容所も:Aeron and Ahlone Spelled With the Same Katakana

 
Aeron Chair (c) H&M

When I posted an article about Herman Miller's Embody Chair, some readers pointed out that 'Aeron' is spelled 'アーロン' in Japan, not 'エアロン.'    So, I added H&M's press release just in case.  Aerobics is 'エアロビクス' and Aerosmith is 'エアロスミス,' but Aeron is 'アーロン.'  Weird.   'アーロン' reminds me of Aida Yuji's WWII memoires 'Prisoner of the British: A Japanese soldier's experiences in Burma' (original title:  'Ahlone Camp').

ギズのハーマン・ミラー社「エンボディー」の記事で「Aeron」を「エアロン」と書いたら「日本ではアーロン」とコメントがついた。念のため参照したプレリリのリンク足しておいたけど英語をカタカナにするのって悩まし…。アーロビクスでもアーロスミスでもアーロバイクでも好きにしてくれ。(UPDATE:消されちまったわい。調べた苦労が水の泡)

小林よしのりの『戦争論』でおなじみ、会田雄次の『アーロン収容所』は英語だと「Ahlone Camp」。ロンドンのCresset Pressが1966年発行した英訳版のタイトルは『Prisoner of the British: A Japanese soldier's experiences in Burma』(訳:Hide Ishiguro、Louis Allen)だが売れた形跡が全くない!当然か…

'Ahlone Camp' by Yuji Aida

0 comments:

Post a Comment