August 12, 2008

パットン・オズワルト「彼らというものはない 」:There Is No Them - Patton Oswalt's commencement speech


Some quotes from Patton Oswalt's commencement speech delivered at Broad Run High School on June 18th, 2008. コメディアンのパットン・オズワルトが2008年6月18日、母校ブロードラム高校で卒業生に贈った式辞から、最後のところだけどうぞ。

First off: Reputation, Posterity and Cool are traps. They’ll drain the life from your life. Reputation, Posterity and Cool = Fear.

Let me put that another way. Bob Hope once said, “When I was twenty, I worried what everything thought of me. When I turned forty, I didn’t care what anyone thought of me. And then I made it to sixty, and I realized no one was ever thinking of me.” And then he pooed his pants, but that didn’t make what he said any less profound.

Secondly: The path is made by walking. And when you’re walking that path, you choose how things affect you. You always have that freedom, no matter how much your liberty it curtailed. You…get to choose…how things affect you.

And lastly, and I guarantee this. It’s the one thing I know ‘cause I’ve experienced it:

There Is No Them.

***

まず最初に。: 名誉、富、クールであることは罠なんだ。君らのライフ(人生)からライフ(生)を抜き取っていく。名誉、富、クール=恐れ。

別の言葉に置き換えてみよう。(100歳まで生きた喜劇俳優)ボブ・ホープはかつてこう言った。「20のときは、みんな僕をどう思ってるんだろうと心配だった。40になったら、みんな僕をどう思うかなんて気にならなくなった。 やがて60になってようやく気づいたのは、誰も僕のことなんか一度も気にかけてなかったってことさ」 と言って、あとは自分を味噌糞にけなしたわけだけど、それでも彼の言ったことの深さは変わらないよね。

2点目。: 道は歩いて作るもの。みんな道を歩きながら、物事がどう自分に影響を与えるか選んでいる。それでどれだけ選択の自由が切り詰められたとしても、君らには常にその自由がある。どう物事が自分に影響を与えるか…それは君が…選ばなきゃだめだ。

そして最後に、これだけは保証する。僕も経験した今だから言えることだけど。:

この世に、"彼ら"というものはないんだよ。
(=あるのは“僕ら”だけだ)

0 comments:

Post a Comment