July 24, 2008

ゴールドケンの金塊チョコ:Goldkenn GOLDBAR can be VERY inappropriate

Goldkenn GOLDBAR


This is the appreciation gift I bought for Japanese public schools in Oita where my kids stayed for class auditing this summer. Shortly after, the Oita Board of Education's scandals over employment examinations for public school teachers went on national headline for weeks! Inappropriate gift-giving on totally inappropriate timing.

これは子どもが夏休みに体験学習でお邪魔した別府市内の小中学校にご用意したお土産。「全国ニュースとは無縁の場所に来た」と思ってたら翌日ぐらいから教員採用汚職一色になって焦った、焦った…

[Goldkenn GOLDBAR] "It is a perfect miniature replica of the real 12.5kg gold bars stored in Swiss Bank vaults." スイスの銀行が金庫に保管している重量12.5kgの金の延べ棒をそのまま複製したチョコ。

4 comments:

Hiro-san said...

satomiさんも教員試験をお受けになるの?金塊はペロリと食べてもらって、証拠隠滅しておいてくださいね。それにしても金塊も溶けるような暑さ。私はいま京都よ。

Yoshinori_K said...

素晴らしいタイミングでしたね。
全く、お見事です。

アルジェリアでは corruption は大きな問題で、末端からトップまでどっぷりつかっているそうですが、日本も大差ないのかもしれませんね。
まぁ、日本では末端が表立ってわいろを要求しないから、ずいぶんマシなのでしょうが。

satomi said...

ヒロさんがここに貼った左のパロディー、原作は「300」です。隷属を求めるペルシャの公使をレオニダスが穴に落として3日間の壮絶な死闘の幕が切って落とされる名場面、です(^^;

スパルタ兵、みんな腹割れててすごいんですが、あれはCG…。トルコ人が観たら絶対怒る場面も出てきます。

>どっぷりつかっているそうです

そうですか。がんばってね。笑

別府の学校は先生も素晴らしかったですよん。クラス費も熨しつけて戻ってきた…

Hiro-san said...

>左のパロディー、原作は「300」です。
ありがたき幸せ。暑中お見舞い、お元気で。

Post a Comment