July 29, 2008

英語掲示板「4ちゃん」と鍵十字騒動:4chan, Swastika and Google Trends

At the TechCrunch Meetup, a guy from consulting firm, Boston Consulting Group (BCG), told me that there's a huge English OTAKU website called 4chan (4chan.org).

As the name tells itself, it was inspired by Japan's largest forum, 2chan(2ch.net) and imageboard website, Futaba Channel. "It started out as a copycat but grew much larger. Because it's in English, Otaku from around the world hang around there."

Out of curiosity, I checked the site. It was down. So I searched and retrieved this LA Times article on July 10; "Swastika ('卐') tops Google's search list, then disappears." If it sounds familiar, you may be a regular at TechCrunch; "Swastika Appears On Google Trends." At one point, it topped the list.

As a side-note. Automatically deleting Swastika (banned in Germany) may raise a cultural concern as well, especially among people from another side of the world like India and China. In Japan,too, the left-facing Swastika, manji, has been in our culture for centuries.

Nintendo, for example, erased the manji from English Pokemon cards. But then, in response to complaints from Jewish organization in US who found imported Japanese cards carrying the symbol, it deleted manji from Japanese original versions all together.


TechCrunchのパーティー会場でBCGの人に、2ちゃんとふたばちゃんねるのファンが始めた英語版「4ちゃん4chan.org)」なるもの存在する話をきいた。

「コピーで始まったのに、日本のより規模は大きいよ。英語だから世界中のオタクが集まってる」と言うので、「へーあれを英語でねー」と恐る恐る確かめてみたら、なんのことはない。こないだ瞬間風速的に数時間だけGoogle人気検索語トップに「鍵十字(スワスティカ)」呼び出して遊んでた、例の掲示板である。

iPhone発売前日に何故カギ十字(卍の右巻き)? 数時間で消えちゃうなんて仏教のお祭り? と、TechCrunchLA Timesも騒いだので覚えてる人もいるだろう(…いないか)。

掲示板との因果関係は証明できないけど、グーグルも謝罪文で「このクエリーのhtmlコードがネットの人気掲示板に掲載されたようです」と書いてるので4chanの可能性は濃厚だ。そのページは削除されちゃったけど、普段から利用してる人の話では、この日は4chanのランダム掲示板『/b/』に;
「&# 21328; で検索してごらん、面白いよ」
と呼びかけた人がいて(#と2の間は詰まってます)、みんなカギ十字のHTMLとは知らずに「どれどれ」と検索が集中したみたいね。こういう無目的・無節操に騒ぎを起こして喜ぶ人格を英語でグリーファー(Griefer)と言うそうだ。

ところでカギ十字と言えばドイツでは掲載そのもの違法だけども、日本には昔から左向きの卍(まんじ)が神社仏閣の至るところにあるわけで、無差別に削除することにはインド・中国主体に反発の声も根強い。ポケモンカードも英語版では卍削除したけど、それでもマニアが輸入する日本のオリジナルカードに残ってて在米ユダヤ人団体からクレームがついて、結局、日本版からも削除されちゃったのはご記憶の方も多いだろう。う~ん、難しいよねえ…。


0 comments:

Post a Comment