September 29, 2007

13歳のCEOのエレベーターピッチ(動画):Elementeo’s 13-year-old CEO and PlaySpan's 6th Grader Founder

Silicon Valley garage history got one new addition by Arjun Mehta, a sixth-grader who founded an in-game commerce platform company, PlaySpan, with money he earned by selling online game items while attending 5th grade. The company recently secured $6.5m investment, and the news was slashdotted and techcrunched.

People wonder if it's a violation of child labor laws, but some argue in some states like Delaware there's no age requirement for incorporation. Others say his dad and CEO, Karl Mehta, does all the business and it's just a PR stunt.

But I do know one highshooler making tens of thousands of dollars selling game things online, so I think the story has some credibility. His dad making big fortune by online game sounds to me as unrealistic as his son founding a company.

Remember Silicon Valley gaming startup Elementeo and its 13-year old founder and CEO, Anshul Samar? Just in case, I embed his vid.


Video URL: Anshul Samar Interview by VentureBeat

小6のArjun Mehta君が、小5の時ネットゲームのアイテム売って儲けたお金で「PlaySpan」を昨年創業し、今月650万ドル調達したニュースが大きな話題を振りまいている

TechCrunch「PlaySpanが$6.5MシリーズA調達。ファウンダーは小学6年生」

検索と小口決済ができるインゲームコマース専用プラットフォームの実現目指している会社なんだけど、この話で思い出したのが滑ジイで取材した女子高生の台詞。;
A「彼2つ年下なんだけどゲームすごく強くてアカウント売ると数万ドル分になるんですよ。で、こないだドルビーのシステム、ダウンロードしてくれたし」
B「600ドルもするんですよ!」-p.145-146
数万ドルって新車1台買えるぐらいのお金だ。14歳前後で。面白かったので聞いたまま書いたら出版社さんの方から滑ジイ経由で、どういうことかと問い合わせが入って「アカウント」ってことにしたんだっけ。

で、この小6の記事読んで「あ、そっかー、アイテムみたいなの売ってたんだ!」とやっと納得がいった次第。儲けた額は不明だけど数千、数万単位で入るなら法人化自体そんなにお金はかからないし、あり得ない話ではないだろう。

米版読者から入った情報では広告代理店はこちら。「どうせ実務はCEOのパパと大人連中が仕切って、ただ話題作りに子どもの名前借りてるだけでは?」という常識的な意見でまとまってるけど、うーん、私から見たら小6の坊やが会社作るのと同じぐらい、パパがアイテム稼ぐのは大変じゃないかと。笑

この辺のインドの小中学生の利発なことと言ったら3桁で掛け算暗算できるし…すごいもんね。因みに上の動画は今年5月TiECON 2007で話題になった13歳の創業者兼CEO、Anshul Samar君のエレベーターピッチ(乗り合わせた投資家にビジネスプランをまくし立て降りるころには投資を確保するぐらいの真剣勝負の売り込み)。カードゲームで科学を教える新会社「Elementeo」に投資を呼びかけている動画でございます。

0 comments:

Post a Comment