August 16, 2007

シャスタ山に行ってきた:Visiting Mt. Shasta


"Lonely as God, and white as a winter moon" - Joaquin Miller

The trailhead to the 14,162-foot summit of Mt. Shasta begins at Bunny Flat, elevation 6,860 feet. From I-5, take exit 738, turn right on Lake St, and turn left on Everitt Memorial Hwy (map).
"When the chief of the sky spirits grew tired of his home in the heavens, legend has it, he created Mount Shasta. Whenever he had a need for fire, he simply caused the volcano to erupt. It’s good to be chief. " -by Peter Jaret, Via Magazine

"Lonely as God, and white as a winter moon" - Joaquin Miller
If you visit, don't skip Redding. It has a nice Italian restaurant, Nello's Place, and a beautiful Sundial Bridge designed by Santiago Calatrava on Sacrament River.

先月いちる氏が行ったシャスタ山(標高4322m)に登ってみた。と言っても標高2401m地点に車を停めて少し歩いただけだけどね。I-5からは738番出口で降りてLake St.右折、Everitt Memorial Hwy左折という道順(map、去年行った方の写真)。

伝説では空の神が天の暮らしに飽いて造ったのがシャスタ山、とされる。先住民は7000年も前から住んでいた。19世紀半ばゴールドラッシュで西洋人が住み出し、「古代レムリア人(Lemurians)がこの山のどこかに住んでいる」と民間伝承が広まる。

「神のように孤高、冬の月のように白い」と詩人ウォーキン・ミラーが詠った山の清澄な姿に惹かれ、今も山すそにはスピリチュアル系の人たちが好んで住み着き、山の精、石の精、星のメッセージ、瞑想、チャネリングなどの道場やワークショップを開いている。

高速をひとつ手前で降りて街を通ると、月曜市で採れたての野菜を量り売りしていた。藤かご片手におしゃべりを楽しむ人たち。道端で虚無僧のようなオッサンが瞑想している。カフェではヒーリングのサイトでもやってる人だろうか? 団子結いの男性が無心でキーを叩いていた。


Ad on a free local paper, Mountain Spirit Chronicles
カフェで拾ったローカルのフリペ。増毛ならぬ「オーラのBefore&After」が!

ニューエイジの人には縁のない場所だけど、隣町レディングには美しい川が流れていてホテルの窓からも見下ろせた。ここにはサンティアゴ・カラトラヴァが設計したサンディアル橋というガラスの橋があって夕方は市民の社交場だ。夕暮れどき欄干から眺め下ろす川のせせらぎは、まるで日本のよう。懐かしい。そういえばベイエリアに川はないもんね。

博物館の隣で安く自転車を借りてる家族連れを見て翌日寄ってみたが火曜は定休日だった。ご飯はNello's Placeがオススメ。

帰りは樹齢500年から千年の巨木が並ぶミュア・ウッズと海岸にごあいさつ。九十九折りの坂道は毎度気持ち悪くなるんだけど北からの帰りはいつも寄りたくなる場所だ。内陸の熱風が嘘のように涼しい。ここは日没まで開いてるよ。

9 comments:

xpotechi said...

そっちは涼しそうでいーですねー。熱中病とかあるのかしらん?

satomi said...

い、いや~、shastaはオーラも吹っ飛ぶ暑さで山の上と鍾乳洞ぐらいかな、涼しいの。フーバー・ダムの次にでかいシャスタ・ダム(撮影禁止)なんて鉄板でした。105度とか、そんな感じ。水は紺碧なんだけど…。

ミュアウッズの辺りは海からの霧で涼しいし、同じ州でも海と陸で随分違いますねー。

ミトウ said...

シャスタ山、俄然行ってみたくなったこの頃です。I-5沿いってことは、Oregonからでも頑張ったら高速一本で行けるんですね。まずは運転免許ですけど。笑。

satomi said...

「アフロ」(いちる氏)なオーラの顔面がミトウ氏に入れ替わってもずっと温かい目で見守っていこうと思います。

…てか、シアトルからだと10時間ぶっ通しハンドル握ってなきゃなんないよ? 行くだけで禅坊主なれるわなあ。

ミトウ said...

いやあ、今月末でEugeneに引っ越すことになってるので、Seattle→シャスタ山よりは大分距離縮まってますよ。

satomi said...

お~、ユージーン! 20年前まどのない500ドルの車に乗ってたトムという人に会ったらよろしく言っといてね。

ミトウ said...

あ、了解。笑。Eugeneはトムさんみたいな人いっぱいいます。そういうところです。ちなみに街の有名人といえばこの人だそうです。

cavacavien said...

105F ?うちのベランダのほうが暑いぞ(笑 ミュアウッズわたしすきです^^
高尾山くらいのお気楽さで行かれて◎

satomi said...

David Miller氏、か。おもしろー、その本読んでみたいな。Rebbecca Davisさんも。いい話ですねー。

>高尾山
そそ、そんな感じ。大きな木の幹にポッカリあいた空洞に、じっと立ってる人いました。 あれ、やってみたいです。

Post a Comment