May 3, 2007

PC World編集長、反アップルの記事掲載見送りに抗議し辞任:PC World Editor Resigned

Multiple sources told that PC World's Editor-in-Chief Harry McCracken quit the IDG after one-month-new CEO Colin Crawford killed a draft story titled "Ten Things We Hate About Apple" (what a title...!) in an attempt to pressure him to be nicer to advertisers. Colin Crawford is a former CEO of IDG's Macworld (1994-2003). Yet another reason for McCracken to hate Apple...?

Colin Crawford's bio
McCracken's ...blog???


PC World誌Harry McCracken編集長が、版元IDGに就任1ヶ月の新CEO、Colin Crawford氏に抗議して昨日会社を辞めた。複数のソースによると、編集長の書いた原稿「アップルの嫌いなポイント10」をCEOがボツにしたのが引き金らしい。もっと広告主に好意的に書くよう指示されたのが癪に障った。

Crawford CEOと言えば同じIDG傘下のMacworld誌で1994年から2003年まで長年CEOを務めた人だから、スティーブ・ジョブズ氏はじめアップルの歴代CEOともとても仲がよい。

広告主や、広告主を意識する上司からのプレッシャーで筆を曲げたり番組内容をいじったりするのはよく聞く話だけど、抗議して辞めちゃう編集長も珍しい。嫌う理由がまたひとつ?それにしてもひどいタイトルだ…。

[CNet"PC World editor resigns over apparent ad pressure", Wired Blogs"PC World Editor Quits Over Apple Story]

0 comments:

Post a Comment