May 1, 2007

ページランク10のサイト:Google PageRank 10 Sites

The guy in black is Aodhan Cullen, 24, who founded StatCounter.com when he was 16. Digital Inspiration says the Ireland-based site has long been given Google's PageRank 10 status.

Wow, PageRank 10?! It really exists??? I know if there is 1/10, there's gotta be 10/10. So I checked the site and found a very slim white blank on its PageRank meter. Oh, no... StatCounter is now rated PR9....

(photo courtesy of Digital Inspiration)


You can see the full list of the PageRank 10 Sites here. StatCounter is still IN. The site explains that the Google toolbar update last January largely affected the PageRank and most of the PR10 sites on the list are now PR9.

Somehow Japan's Keio Univ. sneaked its way into the Hall of Fame and still is PR10, while University of Tokyo, Harvard, Stanford fall behind with PR9.

If you're interested, you can check their PageRank here.


写真のスーツの子はアイルランドの起業家Aodhan Cullen氏(24)。彼が16歳のとき作ったサイトメーター「StatCounter.com」は利用者130万人、月間90万PV。長いこと「Googleページランク10」のステータスを謳歌してきた。

「テキストリンク広告とGoogle広告の両方を受け入れ尚且つページランク10の唯一のサイト」と今朝Digital Inspirationブログが紹介してたので、「へ~、ページランク10なんてのが本当にあるんだ!」と。さっそく緑一色のページランク・メーターを見に行ったら右端がほんの少し白い。ココのページランク・チェッカーにかけたら今はPR9に落ちている。

調べてみたら、ページランク10のサイトの全リストはここに見つかった。StatCounterも入ってる。説明書きによると今年1月にGoogleツールバーの更新があって旧ページランク10のサイトも大分9に落ちちゃったみたいなんだよねー。

なぜか日本からは慶応大学がIN。今も慶応はページランク10、緑一色だ。
因みに東大ハーバードスタンフォード は軒並み9。

2 comments:

jyagi said...

慶応義塾にはW3Cの策定に関わってる方がおられるので、同じくランク10のW3Cのサイトからリンクが張られてるのでページランクが10なんですよ。

satomi said...

おお、さすが現役。
World Wide Web Consortium←本当だ、PR10。

W3C創始者ティム・バーナーズ・リー(Tim Berners-Leeの母校もPR10↓
MIT


因みに日本語で検索したらこんなのが…。「W3C会員のWebサイトで標準準拠はわずか6.5%」 笑

おもしろいもん屋、レトロなデザインgoodですねー、最初20秒ぐらい真ん中のコロンも背景萩色で全然文字が見えなくて少し焦ったけど:)

Post a Comment