October 27, 2006

マイケル・J・フォックスの動画:Michael J. Fox ads


Rush Limbaugh speculated that Fox was "either off his medication or acting," and Fox responded yesterday that;
"At this point now, if I didn't take medication I wouldn't be able to speak."(CBS/complete interview)

The photo is courtesy of CBS's photo collection "Actor-Activist." Time's entry is brilliant.


1991年にパーキンソン病を患って2000年に引退した俳優マイケル・J・フォックスが、震える体をカメラの前に晒しながら、治療法開発のためのES細胞(胚性幹細胞)研究を後押しするミズーリ州民主党選出クレール・マキャスキル候補を応援する動画(左)が話題だ。



ES研究に反対の立場の保守系ラジオの馬鹿コメンテイターが「演技か薬断ち」と難癖をつけ、反対派著名人たちも反論の動画(右)をYouTubeに公開、全国区の論争となっている。

渦中のマイケルは昨晩CBSインタビューで収録時には普段より多めに薬を投与していたと説明(下:YouTube)。「薬の助けがなかったら今の僕には話すこともできないよ」という言葉が痛々しい。


病人を政治に利用することの是非が問われているわけだけども、マイケル自身は研究を応援してくれる政治家であれば右も左も分け隔てなく力を貸している。2004年に他界したスーパーマン、クリストファー・リーブ氏(同じくES細胞研究を支援し財団創設)も通った茨の道である。

CBSがまとめたマイケルの近影「Actor-Activist」はこちら。この件に関してはTimeの記事が秀逸だ


Tags;

0 comments:

Post a Comment