September 10, 2006

司馬遼太郎作品、中国へ:Ryotaro Shiba's Book Released in China

Ryotaro Shiba (1923-96)'s "項羽と劉邦 (Xiang and Liu Bang)" -photo- depicts the two leaders involved in the power struggle set out from the downfall of Qin Dynasty (221-206 B.C.). A true page turner. (history)

This month, its Chinese edition "項羽與劉邦"(趙徳遠訳) hit China's bookshelves.
"已故日本著名作家司馬遼太郎的代表作之一《項羽與劉邦》日前由中國南海出版社首次在華出版。在中國,村上春樹的現代小說等早已躋身暢銷書行列,但翻譯日本人著寫的中國歷史題材小說的情況則很少見。"―Kyodo News
People say that the author' s pen-name "Shiba (司馬)" came from China's great historian, 司馬遷. I can now share this with my friends from China!

司馬遼太郎著「項羽と劉邦」が今月中国で出版された(中国語版「項羽與劉邦」)。司馬作品は「竜馬がゆく」ぐらいしか読んでいないが、この本は昨年たまたま古本市で買って見事にハマった。最初は中国名が辛いけど始皇帝崩御の辺りからもう止められなくなる。

中国人の友だちと「どっちが好き?」って話をすると面白い。中国版を読んでもらってまた感想を聞いてみようと思う。戦略的にはWeb 2.0的な劉邦だろうけど、女性から見たらやっぱし千手観音の劉邦より項羽? 途方も無く残虐なくせに虞姫が笑うと「笑ったあ」って言う、あの描写がとても好き。

(thanks for bookmarking> アンカテblogのessa氏@実は司馬フリーク)

Tags; , , ,

0 comments:

Post a Comment