May 2, 2006

[web]アマゾンがグーグルからMSにエンジンを鞍替え:Amazon Search Finds Microsoft

You don't see 'powered by google' wordings near Amazon search box since Sunday. The contract ended last week, and Amazon now uses A9.com provided by Microsoft's beta search engine, Windows Live. (Washington Post: Amazon Search Finds Microsoft)

On Monday, San Jose Mercury reported the relationship between Google and eBay is becoming strained as eBay's market share declines and Google offers similar services such as GoogleBase and Google account. "Last week, Jeetil Patel, an analyst with Deutsche Bank, published a note suggesting that Amazon had surpassed eBay during the first quarter of 2006 in sales growth - in effect stealing market share." If it gets worse, eBay might even consider taking the same path as Amazon took... at least that's what I feel.

When Google complained about MS IE7 that includes a search box set up to send users to MSN search service(New York Times), Yaron Galai at Web X.0. wrote, "Google is suggesting that Microsoft use its last real asset in the search war, which it has practically lost (13.2% market share and declining), and hand it away to Google so that it can, in essence, become a monopoly."(GMSV)  Google's also promoting FireFox on its homepage (John Battelle's Searchblog: Google Promotes First Non Google Product on Homepage:"This promotion just undermines Google's argument when they complain to the Feds about Microsoft's default search in IE7."-comment by John Rodkin)

It's weird to see Microsoft playing a role of a counterpower to confront Google's monopoly. Things change, so does their rai·sons d'être.

日曜からアマゾンの検索ボックス隣から'powered by google'のサインが消えた。両社の契約切れを受け、自社エンジンA9.comにシフトしたのである。

そして何を隠そうA9.comは、マイクロソフトの新検索エンジン「Windows Live」(ベータ版)を使っている。「オンラインの大手小売が下す決断は、いつも決まって重要な意味を持つ。業界の先導者の動きには他社も追随するか、あるいは追随を検討する可能性がある」、バレーのアナリストは今朝のポストにこう語った。グーグルにとっては大きな痛手となりそうだ。

月曜はサンノゼ・マーキュリーがグーグルとその最大広告主eBayとの蜜月の終わりを特集した。eBayそっくりのGoogle Base、PayPalそっくりのGoogle accountをグーグルが立ち上げたことで両社の関係は急速に冷えかかっている。先週は、アマゾンが2006年第1四半期にeBayを売上げ成長で抜いたとドイチェ・バンクのアナリストが指摘するなど、eBayは市場シェアの伸び悩みに苦しんでいるという。同じ土俵でパイを争うことになるなら、eBayだって遠からずアマゾンのような動きに転じてもおかしくない。

グーグルは同日、「IE7のツールバー検索エンジンにMSNを標準で入れているのはおかしい」とMSに噛み付き(New York Times)、「クリック数回でカンタンに変えられる」とMSがやり返した(グーグルはDCのロビイストを動員)。Web X.Oのヤロン・ガライ氏は「グーグルが言っていることは、検索戦争で大敗したマイクロソフト(MSNの現シェアは13.2%→comScore Media Metrix Search Engine Ratings)から最後の資産を採り上げて独占したいって言ってんのと本質的に同じじゃないか」と批判(GMSV)。

先月からグーグルはIEユーザ向けにFireFoxのPRも始めており、「これはIE7告発の議論を根底から覆すだけだ」といった意見も聞かれる(John Battelle's Searchblog: Google Promotes First Non Google Product on Homepageのコメント参照)。

モノポリーで散々叩かれてきたマイクロソフトが、二社拮抗のフェーズに入り、ふと気付けばグーグルのモノポリー抑止力とは皮肉なもの。パワーシフトは企業の存在理由を変える。

関連
ぶろぶろぶろぐ | GoogleとMSNの検索対決onIE7

2 comments:

ぶろぶろぶろぐ said...

 コメントありがとうございました。アマゾンが検索にマイクロソフトを使うという話は大きなことですよね。大規模ネットショップの影響力はほんと大きなものだと思うし。
 ほんとこれからの検索戦争に注目ですね。
 おそらく結局はどちらの技術が上かの勝負になると思うので、いい人材の確保とマネージメントが重要なポイントになりそうですね。

satomi said...

ですね。アマゾンは「なか見!検索」がグーグルのデジタル書籍ライブラリと、a9.comが地図検索とかとダブってますからねぇ…

MSはヤフー株を狙ってるんですが「ジェリー・ヤンの目の黒いうちは有り得ないだろう」って噂。

ヤフーと言えばこないだ始動したYahoo! Techは「あー、こういうのできるのはヤフーだね」って評価です。「CNET読んでもサッパリ分からない”その他大勢”のための商品比較サイト」という目の付けどころがヤフーかも。

Post a Comment