January 29, 2006

ホテル・ルワンダ日本上陸:Hotel Rwanda Released in Japan

Hotel Rwanda was finally released in Japan this month. It was made possible by 26-year-old Uta Mizuki (left) who launched a ballot drive, setting up a community forum on Japan's largest social networking portal called 'mixi.' (The official web is here.)

It's such an amazing development; each single fan gets together to form a big movement to turn what seemed impossible possible. It's also the first case that proved what social networking tool could do in a very short span of time. This young man, for example, had never even thought about launching a forum by himself 'till then. (full story on Nikkei business EXPRESS).

I first saw its campaign banner on a blog of film critics in Oakland, Tomohiro Machiyama. I thought, "Oh yeah, that scene in which Don Cheadle breaks down as he’s tying his necktie is something we should see before we die." I clicked the ballot button right away.

***

BTW, on English DVD, you can see the real hotel manager, Paul Rusesabagina, being interviewed at his home in Europe. Watching him reflecting the 1994 genoside from a comfortable chair, I felt a little upset. But then I saw myself, being born and raised in developed nation, residing in developed nation, and what? ..criticizing someone who has gone through the worst nightmare in our time, trying all he could to save people's lives? HOW DO I WANT HIM TO LIVE LIKE? I was so ashamed of myself feeling that way.

The Japan Government has cancelled a US $ 12.65 million debt owed by Rwanda on 26th(allAfrica.com.). I should know where I'm from and what privilege I enjoy.

His interview also reminded me of my first roommate born and raised in Ethiopian family in Rome. Capable of 5 different languages, she got a BA and MA in the States, found a job at an international organization in Switzerland, a job to support underdeveloped nations.

A lot of upper-class African families live abroad for security. But that's not all. African nations need their support from outside as well.

***

オークランド在住映画評論家・町山智浩氏のブログで映画「ホテル・ルワンダ」の日本公開を求める署名運動があることを知ったのは昨年秋。「あー、ドン・チードル(Don Cheadle)のネクタイの演技、あれは死ぬ前に一度見ておくべきだよなぁ」、手の方が勝手に署名ボタンをクリックしていた。

その映画がやっと今月日本で公開されたらしい。本ブログに初トラバをいただいた「小生の映画日記」の最新TB「我想一個人映画美的女人blog」や公式ウェブで感想リンク&TBが読める。

「へ~」と思って、ちょっと日経BP・山中さんのサイトに行ったらばなんと、この運動を最初に始めた坊や(失礼!水木雄太氏)のロングインタビューではないか! 日経ビジネス EXPRESS X : 【「ホテル・ルワンダ」公開作戦記:Part1-1】「最初はふたりしかいなかった」(上記写真リンク元)

ルワンダに包囲されてます。

***

と ころでこの映画、英語版DVDには実話の主人公ポール・ルセサバギナ(Paul Rusesabagina)氏のインタビューも収録されている。ヨーロッパの快適な自宅で過去を振り返る彼を見て一瞬、抵抗を感じたものだが、考えてみれ ば先進国生まれ先進国在住、人種差別も虐殺も知らない自分には、ホテルマンとしての職業意識に徹しできる限りのことをした彼をとやかく言う資格なんか 1mgも 無いのである。日本は今月26日ルワンダからの負債1200万ドルを帳消しにした太っ腹な(ことができる)国(allAfrica.com)。そう一瞬でも思った自分をとても恥ずかしく思う。

こ ういう自分の薄っぺらさ、不条理、現実と向き合わなきゃならない映画や文学のことを英語でよく’disturbing’と表現する。死体がゴロゴロ 転がっていたりの「不快指数」もあるが実のところもっと不快なのは作品が炙り出す自分の内面と現実、これは目を背けたくとも逃げようがない。

ア フリカの上流家庭の多くはヨーロッパに逃れてひっそり暮らしている。ワタシの最初のルームメイトJOYも ローマ育ちのエチオピア人、5ヶ国語を操るエ リートだった。アメリカの大学と院を出た後はスイスの国際機関に勤め、そこから海外援助の仕事をしている。そういう海外からのサポートも彼らには必要なん だよね。

あー、何言ってんだろ。同作品のもっとちゃんとした批評はこちら。↓
ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 - 「ホテル・ルワンダ」と「帰ってきたウルトラマン」
いろんな方の感想はこちら。↓
ホテル・ルワンダ@映画生活

0 comments:

Post a Comment